その他の車輌たち

 ここでは、地域わけすることのできない車輌たちを紹介します。まだまだ数が少ないので、今のところは種別分けもしていませんが、いずれは種別によってページを分けるぐらいにしたいです。

機関車

・EF12

ワールドのキットの素組みです。私の場合、キットの組み立てにはずいぶんと時間がかかるのですが、このキットは1週間で完成しました。組み立て自体は、もともとワールドのキットが組みやすくできていることもあり、難なくいっているのですが、塗装の方が見てのとおり、フィルターあたりで色がのっていないですね;_;。
・DD13(初期型)

KATOのDD13とは異なり、一つ目の初期型です。タケモリからもキットが発売されていますが、これはイエロートレインのコンバージョンキット、というかパーツセットを使ってKATO製品を改造したものです。
このキットの場合、天面のファンの削除後の処理が大変のなのですが、私は何もしてません^^;。まぁ、お手軽ということで^^;;。また、ナンバーを84としたのですが、これって台車が違うんですね。台車パーツは出ているので、いずれ換装する予定です。


貨 車

 最近は貨車のキットも増えていますね。私はあまり購入していませんが。ってことで、今のところ、コンテナ車だけです。というよりコンテナそのものだけですね^^;。

・コンテナ車

タツヤ模型からタンクコンテナ各種が発売され、またTOMIXの無塗装コンテナをベースとする、コンテナ用デカール各種が発売されるようになり、コンテナ車がカラフルになりました。コンテナ車数以上のコンテナを所有の方もおみえでしょう。
まだタンクコンテナキット、残ってんですよねぇ^^;。


事業用車

 貨車以上ににぎわいを見せているのが事業用車両ですね。なんでこんなのまで出すの?といった車種がぞくぞくです。ガレージメーカーの強みなのでしょう。その分手に入れにくい、ということも言えなくもない・・・^^。で、今のところガレージメーカー製品は作ってないんですね、これが。

・マヤ34

ペアーハンズのキットの素組みです。残念ながらJR東海車にすることは出来ませんでした。
このキット、台車、というかボルスターの取り付けがうまくいってなくて、たまに台車ごと落ちてしまうんですよね。なんかいい方法はないもんでしょうか。床下機器はホワイトメタル製ですが、初めのうちはそれをハンダ付けしようとしてました^^;。
・オヤ31

えっと、これはどこのメーカーでしたっけ?ワールドかな?これも素組みですが、組みやすかったことは覚えています。
実車に関する知識はまるでなかったのですが、中部天竜駅の佐久間レールパークで保存されています。
こうやって写真で見ると、床面がゆがんでるかな^^?
ちょっと汚れも目立つなぁ^^;

Topics へ
HOMEへ